変態 ホルモン

Feby 8, 2020
変態 ホルモン

変態 ホルモン

デジタル大辞泉 - 変態ホルモンの用語解説 - 動物の変態を促すホルモン。カエルでは甲状腺ホルモン、昆虫では前胸腺ホルモンなど。変態促進ホルモン。

ホルモンによる変態の調節 無尾両生類(カエル)が幼生(オタマジャクシ)から成体へと成長していく変態の過程では、様々な変化が生じます。 わかりやすいところでは、幼生(オタマジャクシ)の尾は変態により消失し、幼生にはなかった四肢が伸びて ...

幼若ホルモン(ようじゃくホルモン、英語: Juvenile hormone, JH)とは、昆虫のホルモンの一種であり、変態を抑制しながら幼虫の生長を促進する作用がある。脳の後ろにあるアラタ体から分泌される。

こないだ、自分の変態脳を活性化させるホルモンをまとめる意味で「変態ホルモン」という言葉を使ったけれども、ちょっとググってみたら、実際にあるんですね。「変態ホルモン」という名称。 もちろんこちらは、「変態的な性癖」とは何の関係もない。

のホルモンが現状維持作用,い いかえると若い発育期の 形質を保つことから幼若ホルモン(juvenile hormone) と呼称されることが多い. しかし,こ の小著においては,前 胸腺ホルモンを変態 ホルモン,ま たアラタ体ホルモンを幼若ホルモンとして 記載した.

変態ホルモン(へんたいホルモン)とは。意味や解説、類語。動物の変態を促すホルモン。カエルでは甲状腺ホルモン、昆虫では前胸腺ホルモンなど。変態促進ホルモン。 - goo国語辞書は30万2件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

昆虫ホルモンは、昆虫の脱皮、変態、休眠などを司っています。 ホルモンは、昆虫の内分泌器管であるアラタ体、前胸腺、神経分泌細胞から出るもので、神経とともに体内連絡係となります。代表的なもの …

変態 ホルモン