ペイン 一楽 ラーメン ナルト

Feby 8, 2020
ペイン 一楽 ラーメン ナルト

ペイン 一楽 ラーメン ナルト

「boruto」にて、ナルトはボルトと喧嘩して騒がしくしてヒナタに怒られ外に出されてしまい、2人で一楽にラーメンを食べに来ました。ナルトは夢を叶えて7代目の火影へとなり、一楽にも頻繁には来れていないようでした。

顔を青くしたナルトを見たヒナタは「白眼」でナルトの財布をのぞき、「私一楽のラーメンが食べたいなぁ」と、笑顔で微笑みます。 ヒナタの一言で、ふたりはナルトが大好きな一楽のラーメンで昼食を取ることになりました!

ラーメン一楽のテウチなどは幼少期からナルトと良好な関係を築いており、その他にも陰ながらナルトの身を案じていた者はいる。 「まっすぐ自分の言葉は曲げない」が忍道。

一楽 ナルトが好物として、頻繁に通うラーメン屋 。テウチとアヤメの親子が営んでおり、『疾風伝』では一時的につけ麺の専門店になった。 死の森 第44演習場の通称。中忍選抜第二試験の会場となった。 終末の谷 火の国の外れにある谷。

ナルトとの初デートの食事は、一楽ラーメンでした。 ナルトの懐事情を白眼で透視したヒナタの気遣いで、 お財布に優しいラーメンデートになったのですが、ヒナタは一楽のラーメンが気に入ったようで …

ナルトは今まで女性経験は皆無で、キスはおろかデートもしたことはありません。しかしこのデートシーンでヒナタは画像のとおり白眼まで使ってナルトの所持金を把握し、ナルトの好きな一楽のラーメンを食べようとナルトとのデートをリードします。

主人公・うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラの第七班の担当教官であるはたけカカシは、12歳で上忍になった「木ノ葉隠れの里」の天才忍者。漫画『naruto-ナルト-』に登場するキャラクターの中で、とても高い人気を誇るキャラクターとして知られています。

『naruto』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。

ペイン 一楽 ラーメン ナルト