ナルト イタチ 万華鏡写輪眼

Feby 8, 2020
ナルト イタチ 万華鏡写輪眼

ナルト イタチ 万華鏡写輪眼

2014年に完結しましたジャンプの大人気忍者漫画「naruto -ナルト-」 様々な忍術や能力が登場するnarutoですが、今回はnarutoに出てくる能力の中でも重要な役割を持つ写輪眼の上位種「万華鏡写輪眼」の能力について紹介していきたいと思います。

万華鏡写輪眼は写輪眼の上位の眼で、うちは一族の歴史の中でも開眼したものは数名しかいないとされる。写輪眼とは模様が異なるが、模様の変化は術者によって異なり、その眼に宿る能力も個々によって異なる。左右の眼で同じ術を宿す場合と、それぞれ異なる能力を宿す場合があり、二つの ...

漫画「ナルト」には、実に多くの術が存在し、それぞれに特徴などがあるため戦闘をより激しくさせています。そうした能力の中の一つに、血継限界というものがあり、うちは一族が所持しているのが「写輪眼」です。写輪眼を開眼すると、相手の術の仕組みを理解して完コピできるため、戦闘 ...

うちはサスケの写輪眼の形. 出典: naruto -ナルト- ©岸本 斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ うちはサスケは万華鏡写輪眼の開眼者であり、うちはイタチとの死闘によってうちはサスケがうちはイタチを殺したことで開眼しています。

万華鏡写輪眼がイラスト付きでわかる! 万華鏡写輪眼とは、『naruto』に登場する魔眼の一種。 概要 写輪眼の上位種。うちは一族の長い歴史の中でも開眼しえた者はわずか数名しか存在しない伝説の瞳術とされ、一番最初にうちはマダラが開眼した。 「写輪眼」が変異した形であり、発動の際 ...

万華鏡写輪眼を開眼し左右で異なる2つの能力を宿した際に開眼する万華鏡写輪眼のもう一つの能力。 発動すると術者の周りを炎のようなものを纏った骸骨の像が包みあらゆる忍術、体術に対して強大な防御力を誇る鎧となる。

写輪眼 (しゃりんがん) 【大筒木一族、うちは一族、はたけカカシ、志村ダンゾウ】 うちは一族の血継限界。開眼の条件は、うちは一族の者が「大きな愛の喪失や自分自身の失意にもがき苦しんだ時」であるとされる。その結果として脳内に特殊なチャクラが吹き出し、視神経に反応して眼に ...

漫画・ナルトに登場するサスケは、第二の主人公に位置づけられるほどの実力を持っており、高い人気を誇ります。当初はナルトと親友という形でしたが、物語の途中で決別し敵対する場面もあったのですが、最終回では仲直りをしています。そんなサスケですが、最強の瞳術と言われる輪廻眼 ...

大筒木インドラ忍の祖である六道仙人(大筒木ハゴロモ)の息子(長男)であるインドラは恐らく写輪眼、万華鏡写輪眼の一番初めの開眼者である。うちは一族の祖先であり、うちはの始まりの人物。マダラ、サスケがインドラの転生者となっている。能力・完成体-

様々な力を持ちnarutoの世界で最強の忍と言えるナルトと相対して引き分ける事が出来るのがライバルであり親友であるサスケ。そんなサスケが開眼させたのが輪廻眼です。しかしサスケは他の輪廻眼保有者と違いなぜか左目だけを開眼させています。今回はサスケについて代表的な技である写輪 ...

ナルト イタチ 万華鏡写輪眼